コミュニケーションのときは、主体を自然において、規定を壊し続けること。

人とあったとき、何話せばいいんだかわからなくなるときがある。
てか、親密じゃない相手だとだいたいそうなってしまう。

なんで、親密な相手だと何話そうかとか考えなくても済むのに、そうじゃない相手だと考えてしまうんだろう。あ、これちょっとあとで知恵袋で質問してみようかな。

いや今度から知恵袋じゃなくてなんとか小町使おう。あったよね質問のサイト。名前忘れちゃったけど。

俺の思うこととしては、やっぱり親密じゃないとどうしても「なにか話さなきゃいけない」とか、「話すことを選ばなきゃいけない」っていう、縛りが、俺の言葉で言うと規定があるからぎこちなくなっちゃうのかもしれないね。

別になんでも思ったことぶつけていいんだよ、ってなったとすると今度は、え?思ったこと?そんなのないよぉ。。。ふええ。。ってなっちゃうんだよな。

一番いいスタンスとしては、やはり主体を自然におくことだろうかね。でも、自然に主体を置きながらも会話はするっていう。難しいなこれ、できるのか?

~taiyakihasokosoko


No Responses Yet to “コミュニケーションのときは、主体を自然において、規定を壊し続けること。”

Leave a Reply