柔らかく往生するじょ

私は努力することをやめることにした。しかし、努力することがスタンダードになってしまっている私にとって、努力しない人間になるためには努力が必要なのだ。いや、必要ないのかもしれないが、ではどうやって努力をしない人間になればよいのだろう。そのことを考えるという努力をしてしまい、結局のところ努力はやめられないのである。

なぜ努力をやめたいのかというと、努力をしようとすると体が力むからである。身体が力むと、柔軟さを失う。しなやかさがなくなって、身体も心も弱くなってしまうのだ。人生も楽しくなくなってしまう。想像以上に、力を抜いて柔らかくいきることは重要なのだ。
ただ、力を入れっぱなしの私は、力の抜き方を忘れてしまったのである。本を読んで力の抜き方を探している。けれど、本を読むと結局また力が入るのである。難しすぎる、生きるのは。

~taiyakihasokosoko


No Responses Yet to “柔らかく往生するじょ”

Leave a Reply