気にせず滑れるインラインスケーターになりたいです

運動したいですね。運動するといいことばっかり、運動しないと早死しますよ。
早死したくない。運動しないで日々のパフォーマンス落ちて、体力なくなって、仕事も遊びもうまくできなくなるのも非常に辛い。病気も辛い。だから結局運動はしたい。

でも運動苦手なんだよなあ。最近もジムに通いはじめようと思ったところだけど、都合のいい場所にあって都合にいい料金のところが来年の2月に閉鎖しちゃうんだよね。閉鎖しちゃう予定のところにわざわざ事務手数料払って行きたくないよなあ。

俺は以前、運動を本格的に始めようと思ったことがやはりあった。それで、できるだけ長く続けられるように楽しい運動を始めることにした。そして選んだのがインラインスケート。実際ラウンドワンのスポッチャでこれまでにスケートはやったことがあって楽しかったからチャレンジしようと思った。2万弱くらいのまあまあの入門用のしっかりしたシューズ?を買ったんだよね。今も保管してある。けどやってない!!ちゃんとかねだして買えば「せっかくお金払って買ったんだから」と思って続けられると思いきや!全然やってない…。

その理由は、第一に恥ずかしいから。インラインスケートも早いスピードが出るから、結構危ない遊び。だからヘルメットと膝、肘、手首のプロテクターは欠かせない。でもこれらを完全装備するとなかなか目立つんですよ。住んでるところは都会じゃないけれど人は多く車の通りも多いから、視線はかなり集めてしまう。

またヘルメットがダサいだよな。ヘルメットはちょっとケチった。だから見た目もダサい。頭がもともと体の小ささに反してでかいから、似合ってなくてよりダサい。スケボーやる人はインラインの人よりも装備が軽くて、「スケーターファッション」しててかっこいい。だけど貧乏で一人でやるしかないインライン初心者の俺は、田舎のランニングロードだかサイクリングロードだかよくわからない土手の上を人の目を気にしながら、定期的にコケながら滑るしかない。そんで、家の前から滑り出せればいいんだけど、家の前は細い道で車の通りの量がはんぱなくてさすがにその場所からスケート履けない。だからチャリのカゴにプロテクターとヘルメットとスケート入れて、土手まで頑張ってチャリこいで、土手でプロテクターとヘルメットとスケート装着して(キョロキョロしながら)それでやっと滑り出さなきゃいけない。まあまあ、危なっかしいながらも、そこそこ安定して滑ることだけならできるようにはなった。もちろん技はできるはずがない。

そんなことがありながら、たぶんもう1年は滑ってないな。6畳の部屋の畳の上ですべって遊んだりはしたけどね。インラインスケート自体は本当にいい運動になる。足も使うし、全身運動でいい感じ。ただ道具を用意しても恥が大きくてハードルが高いんだよなあ

~taiyakihasokosoko


No Responses Yet to “気にせず滑れるインラインスケーターになりたいです”

Leave a Reply