気にせず滑れるインラインスケーターになりたいです

運動したいですね。運動するといいことばっかり、運動しないと早死しますよ。
早死したくない。運動しないで日々のパフォーマンス落ちて、体力なくなって、仕事も遊びもうまくできなくなるのも非常に辛い。病気も辛い。だから結局運動はしたい。

でも運動苦手なんだよなあ。最近もジムに通いはじめようと思ったところだけど、都合のいい場所にあって都合にいい料金のところが来年の2月に閉鎖しちゃうんだよね。閉鎖しちゃう予定のところにわざわざ事務手数料払って行きたくないよなあ。
Read the rest of this entry »

やだなぁーでもまぁいっかーが幸せ

ようは、俺はいつも気になってんだ。このままじゃ問題があるっていつも思ってんだ。えー、なにこれ、やだなぁーでもまぁいっかー。で済ませらんないんだ。それが性格で、それが俺を蝕んでんだ。で、さらに言うと、俺は自分のこの性格をいつも知っていて、でその性格を問題だと思っていて、気になってんだ。解決しようと思ってんだ。俺はたぶん、やだなぁーでもまぁいっかー。って思った方が幸せになれんだ。たぶんそうなんだ。

ところでだが、俺はたまに人をみてて、こいつキチガイなんだなーと思ってしまう。例えば、授業中、いきなり黒板に向かって俺にはなかなか理解の難しい記号の連続をかきまくる大学の先生。経済の説明にそんなに記号が必要か、こいつキチガイなんだなー。と思う。また、snsやブログで自分の写真をアップロードする、あまりにも可愛すぎる女優。こいつキチガイなんだなー。なんでこんなにかわいいの?キチガイなんだなー、と。もちろん、キチガイは褒め言葉だ。

柔らかく往生するじょ

私は努力することをやめることにした。しかし、努力することがスタンダードになってしまっている私にとって、努力しない人間になるためには努力が必要なのだ。いや、必要ないのかもしれないが、ではどうやって努力をしない人間になればよいのだろう。そのことを考えるという努力をしてしまい、結局のところ努力はやめられないのである。

なぜ努力をやめたいのかというと、努力をしようとすると体が力むからである。身体が力むと、柔軟さを失う。しなやかさがなくなって、身体も心も弱くなってしまうのだ。人生も楽しくなくなってしまう。想像以上に、力を抜いて柔らかくいきることは重要なのだ。
ただ、力を入れっぱなしの私は、力の抜き方を忘れてしまったのである。本を読んで力の抜き方を探している。けれど、本を読むと結局また力が入るのである。難しすぎる、生きるのは。